書籍
HOME> 商品
自分の発見

自分の発見

目次

~自分の発見~

第一章 宇宙の完全性と《超越人格》の愛

              別章 自伝的 真理探求の物語

第二章 大原理の実践

第三章 「嘘」発見の自明行

第四章 回帰点の確立

第五章 大自明行成就と完全からの出発

第六章 大構想と主体命成就

結言

序文

人生とは真実の自分を発見する旅と言って良いでしょう。

 真実の自分は必ずどこかに有るのだが、世の多くの人々は自覚の無いまま、真実の自分を見失い、自分ではない偽者の自分を仮の自分として、それを自分と錯覚し、その偽者の自分の都合で勝手に作り上げた錯覚の世界に住んで、その錯覚が作った価値観を振り回し、その錯覚の作る運命の中で、何とかつじつまを合わせながら幸福を得ようと必死にもがいているように私からは見えます。

 しかしながら、錯覚はどこまで行っても錯覚であり、その錯覚の延長線上でどこをどのようにつじつま合わせを工夫しても、決して真実の自分には到達できないのです。

 つまりいかに錯覚を上手に組み合わせても、真に幸福を得る事は出来ないのです。真の幸福を得るにはその錯覚から解放され、真実の自分を発見し、その真実の自分の意に沿って生きる以外にないのです。

 錯覚の中に居ても、矛盾が表面化するまでの暫くの間は、それなりの生き甲斐も持てて、いっ時幸福と感じたり、その事で輝いているように見える一瞬は有りますが、最後に行き着くところは様々な混乱と矛盾の袋小路であり、ついにその錯覚が大きく破綻して崩壊する時が必ずやってきます。

 その錯覚が破綻し崩壊する時に運命が行き詰まり、その時に様々な不幸が生じ、その事で人はいつも悩むのです。しかしそれは、真の自分の発見のための大いなる転機の時でもあるのです。

 『自分の発見』とは、この自分が落ち込んでいる錯覚に気づき、錯覚をはぎ取り、そしてその錯覚の後ろに控えている真実の自分を発見する事であります。

 そして真実の自分を発見しさえすれば、そこには錯覚ではない真の幸福が有り、そしてその幸福は決して崩壊する事はない永遠のものなのです。

 この書は、私の半生をかけた『自分の発見』の旅の体験によって体得した原理と方法論によって、真実の自分を発見する旅にあなたを導きます。そしてそれは幸福を得る旅と言い換えても良いのです。

 自分と思っているこの自分の正体は何か、自分は一体誰なのか、どこから来てどこに行くのか、ここはどこなのか、誰の意志で生まれてきたのか、そして誰の意志で死んでいくのか、人は誰もそれらの根本的疑問を持って生きていて、それを無意識であっても知りたがっているのです。

 人は誰も何かを求めて生きています。その自分が求めているものが何なのかもよく分からないまま、あなたも常に確かに何かを求めて生きているのです。

 その、何かは分からないまま漠然と未来に求めているものを幸福と呼んでも良いでしょう。

 ところで、その漠然とした幸福とは一体どんなものなのでしょうか。

 何か良い事があれば幸福の感覚は確かに一時的には得られるものですが、それを一つ得た瞬間からまた次のものを得なければ満足出来なく成ったり、或いはその幸福が逃げていかないようにその幸福にしがみつき、それを支えるためには今以上に苦労しなければならず、それはとどまるところを知りません。

 人間は自由を得る事が幸福と思って自由に憧れますが、それを秩序と対立する概念と捉えて、秩序の制約をどこまでも取り払う事で自由を得ようと行動する人達が居ます。また或る人は自由という概念を宇宙という秩序に調和した姿と理解し、自由を得るために宇宙の秩序を理解し、その秩序の中に自由を求め、現実の中に調和した秩序を投影することが自由を産み出すと信じて、そう行動する人も居るのです。

 このように自由には、二種類の対立する概念が存在している事に気づかなければなりません。

 この書で求める自由は後者の自由であり、前者を「力の論理」の自由と表現し、後者は「自然の論理」の自由と呼びます。

 そして後者の自由から見れば前者では自由の障害と思える既成の秩序や縦構造や壁も、決して否定するべきものではなく、宇宙の秩序が部分的に表現された肯定すべき存在であるという事もあり得るのです。

 ここで結論を先に言えば、「真の自由を理解し、宇宙の秩序に調和することが出来れば、人間は必ず幸福に成るように作られいる」という事が出来ます。

 さらに、その真実を現実に現すための原理と方法論は既に存在しているのです。ただ現代人は、それを知らないだけなのです。

 そしてまさに、その原理と方法論を『自分の発見』として、この書で詳しく述べることになるのです。

 人は求めるものが物質的なものから次第に精神的なものへと移行していきますが、精神性を理解するには宇宙の中の絶対的精神性と、宇宙の精神構造を理解しなければなりません。そしてそれは決して簡単な事ではありません。

 物質的な幸福ではなく、精神的な中に幸福を求めようとするまでに成長した人にとっては、心の問題を扱うの宗教が一時的にとても魅力的に見える時がありますが、ある種の宗教で説かれる絶対的精神性は独善に満ちていて、そこに一歩足を踏み入れてみると、宗教的独善と排他に満ち満ちていて、うんざりさせられます。

 私の知る限りでは日本の古神道や仏教の中の禅など、普遍的で独善のない素晴らしい宗教もありますが、多くの宗教の中で展開される世界観は排他的一神教であり、他の神を決して認めず、認めても自分達優位の世界観の中での位置づけであり、常に自分達を中心とした精神構造の独善的世界であり、画一的であり、時には極めて反社会的に成ることさえあります。

 しかし宗教がいかに独善と排他で汚れていたとしても、宇宙には、宗教には一切関係なく、人知を越えた絶対的精神性、即ち超越的存在が厳然と存在し、統一された秩序が存在しているのです。

 その絶対的精神性の存在、人知を越えた超越的存在を信じる人は、宗教とは別の所に真実の生き方を求め、独善の無い普遍的な真理を求め、宇宙の秩序の中に真実の自分を発見しようとするのです。

 それは丁度『自分の発見』の旅を歩み始めた当時の私のように、真の絶対価値体系を求め続け、それを宗教の世界以外に真剣に探し続けている人々は世の中には沢山いるはずです。

 これからの人類は独善の集合の中に平和を求めたり、宗教的独善を隠したままの上っ面だけの調和を求めてはいたずらに混乱を産み出すだけです。即ち錯覚の中に未来世界を求めてはならないのです。

 人類は今後真の未来を築くために、独善の無いそして錯覚の無い人類普遍の真理を求め、そしてその原理から導かれる行動原理を人類が共有しなければ成りません。

 普遍の真理を確立し、その普遍の真理の下に人類の未来を開く新しい価値を発見し、自分達を決して特殊な立場にではなく、謙虚に位置付けし、しかも「全体」と「個」の関係を決して対立ではなく調和した姿として求め、その中に人類の恒久平和と個人の幸福をも見いださなければなりません。

 普遍の真理とは宇宙の中に自分達を自己中心に成らずに謙虚に位置付ける事でもあります。

 そして真理の普遍性を求める事は真理に対する謙虚さを求める事でもあります。

 ですから、真実の自分を発見し、真理の普遍性を体得すれば何もわざわざ背伸びをして独善にならなくても、そして自分達を世界の中心に置くような強引なやり方をしなくても、今度こそ本当の自分達の存在意義も、生きる意欲も、生きる価値も見いだす事が出来るのです。

 そこまで行って初めて人間は真の幸福と平和を得るのです。そこでは自分達以外の存在を、「許す」のでは決してなく、その存在を積極的に認め、宇宙の中に共に位置づけ、絶対肯定するのです。

 そのような真実の自分の発見と普遍的真理の中から生まれてくる生き甲斐や生きる意欲や生きる力が、錯覚の無い永遠の幸福につながるのです。

 それがこの書で示すところの真実の自分を求める『自分の発見』の旅といって良いでしょう。

 そしてそこにこそ決して錯覚ではない、真実の自分の幸福も、そしてさらに宗教が最終的に求めていた真の救われもあったのです。

 この書は世の中に様々な独善的な宗教や傲慢な思想があっても、それをあなたが正しく見分けられ位置づけられるように、そしてたとえその中にあなたが今所属したままでも、真理の普遍性を理解し、それを体得し、十分に『自分の発見』が出来るように工夫されています。

 私は既知の思想や宗教以外の世界に、人知を越えた超越的存在、絶対的存在、完全な存在を確信してそれを求め続け、半生をかけて、そこに真理の普遍性を発見し、真理の普遍なることを体得したのです。

 そしてそれが私の『自分の発見』の旅でもあったのです。

 私は、この書の中で、現実の世界そのものを生きる事を大切に、現実の生活から離れることなく、現実にしっかり足を付けて、その現実の世界を通して真理を追究する生き方を示す事に成ります。

 宗教以外のところに普遍の真理と絶対の価値を求めるという、私の人生をかけた探検の一部がこの書に示した『自分の発見』なのです。

 しかし、それであってもその方法論、つまり「行」においては、一部は確かに宗教的に見えることは避けられません。

 この書を貫く姿勢は明らかに宗教とは一線を画しています。ここでは徹底して独善を排し、現実を大切に現実を生きる中から最大限の真理を学び、現実の人間関係の中に真の調和した秩序を築き上げようとする姿勢を貫いています。

 つまり私は常に現実主義者であり、決して宗教家ではなく、私は文化家としてこの書を著します。

 この書は私の『自分の発見』の旅の体験を基にして書かれています。つまりこの書は私の実験済みの体験をあなた用の『自分の発見』に書き改めたものです。

 さてこれからは、あなたのための『自分の発見』の旅が始まります。

 初めの段階では私はあなたの先きを行く者にしか過ぎないかも知れませんが、やがてあなたにとっての私の存在の位置づけも次第に変わってくる事に成るでしょう。

 私の経験から言えることは、人間というもの、理想の姿を示されただけでは、決して救われず、その理想の通りには決して生きることが出来ない存在だという結論です。

 現実の中で人間が直面する様々な負のエネルギーをどのように処理し、どのように解決したら良いのかの一つ一つに、明確に答えることが出来なければ、高く掲げた理想も全ては絵に描いた餅に終わります。

 理想を高く掲げ人間を美しく描き続ければ事足りるので有れば人類はとうに救われていたでしょう。

 人間とは高い理想を求める高度な精神性を持つ一方で、どうしようもなく醜い面をも同時に合わせ持つ存在であり、実に救われがたい存在であるという真実がこの書の執筆の前提に有ります。

 そしてこの書の主旨は、あなたのこれまでの社会生活の体験を活かし、或いはあなたが今何らかの宗教や哲学を学んでいるかもしれないという前提で、あなたが今の環境のままで、既に体得した真理の言葉や理論を一部生かしながら、一部修正しながら、そこに真理の普遍性をつけ加え、現実から離れずに、あなたのための『自分の発見』を説く事に成ります。

 私はこの書では、特に今までの思想に決定的に欠けている真理の普遍性と、そこから導かれるところの一元論的全肯定の宇宙観と、その全肯定の世界に至り、自分の錯覚を目覚めさせるために導入した自明行(第三章以後に導入)を主眼として、その原理と方法論を詳しく説く事にします。

 この書ではその特質上、精神性を前面に出して宇宙を語りますが、その理論的前提と成っている一元論的多層構造宇宙観は、物理的宇宙の構造の理解にも大いなる示唆を与え、時間の始まりや物質と空間、時間とエネルギーの関係に対しても重大な示唆を与えるものと成るでしょう。

 つまり多層構造宇宙とそれを支える普遍の真理を知るにつれて、精神性の面からも物理的な側面からも自分がいかに狭い範囲しか物を見ていなかったか、そしてこれまであなたが普遍の真理からいかに外れて生きていたかが次第に見えてくるのです。

 そして、自分の持つ正義感や価値観がいかに窮屈で偏ったものなのかも、次第に見えてくるのです。

 真実が見えて来るにつれて、期待通りではなかった自分の不完全な実態に直面してあなたはいっ時はたじろぐでしょうが、やがてそれを自明行の手法によって処理する事で、錯覚のない真実のあなたの実体が光輝いて現れてくることに成ります。

 この書では一貫して真理の普遍性を貫きますが、結果としてそれは既に過去の宗教や思想を超越し、しかも一切の宗教や思想をその内に位置づける程の包容力を持つ価値体系となっているのです。

 まさにここに示す『自分の発見』の道の体系とは、過去の宗教や思想の歴史の系譜の中には位置づけられず、しかもそれは地球上だけではなく宇宙の中で普遍的に通用する宇宙時代の真理の表現であり、人類が宗教や思想や主義主張の対立を乗り越えて新しい時代を迎えるためにも、そして地球以外の人類との接触においても絶対に必要と成る普遍的な原理とその方法論なのです。

 そして『自分の発見』の旅を歩むことで、真理の普遍性を体得すれば、あなたは今までの思想を捨てなくても、宗教嫌いの人でも、十分に錯覚から目覚め、『自分の発見』を成功させる事が出来ます。

 この書を学べば、あなたは今の独善を抱える宗教や思想の中では決して優等生にはなれないでしょうが、あなたは間違いなく真の救われを体得し、必ずや錯覚ではない真の幸福を得る事が出来ます。

 普遍の真理を学び、しかもあなたの思想体験に、後に本文で詳しく述べる事に成る自明行を取り入れる事で、必ずやあなたの人生が生まれ変わり、あなたの信仰は画竜点睛を得る事に成ります。

 そしてもちろん、これまで宗教や思想を全く経験していない人にとっては、この書一冊で真っ直ぐに本質的な救われに達し、人生の全ての問題が解決されるように、必要な原理とそこから導かれる方法論の全てをこの書の中に網羅し、それを実践出来るように、十分に工夫して書いています。

 初めてこの書に触れ、真っ直ぐに真理に到達する人は幸いです。

 そのような読者は初めから独善を排し、初めから真理の普遍性を理解して、『自分の発見』の旅を真っ直ぐ歩み、錯覚の無い本当の救われに到達出来る道を歩む事に成ります。

 そして、この書を参考書程度にではなく、明確に教科書として正面に位置づけて積極的に生きれば、あなたが日常生活で直面する一切の問題が、この書の中で解決されるように凝縮されています。

 そしてさらに、あなたの社会生活と日常生活の体験がこの道の中で最大限に生かされるように工夫されています。

 ですから必ずやあなたはこの書のままに人間の本来の姿を学び、この書に示された「行」によって、寄り道しないで真っ直ぐに普遍の道を歩んで『自分の発見』に成功するでしょう。

 この書は、前著『人間やりなおし』に大きく手を加え、読者からの質問や疑問にも答える形で加筆し、特に自明行を実践しやすくするために自明行を特に詳しく説いていますから、既に私の著書を読んでいる方も、今まで以上に十分に自明行を深める事が出来るはずです。

 

 私はこの書の中に宇宙の法としての普遍の真理と、あなたの生きる為に必要な原理と方法論の一切を凝縮して詰め込みました。

 あなたがこの書を理解しそれを実践すれば、必ず幸福を得て真の救われを得る事を確信しています。

 しかしこの限られた紙面に人生の体験の全てと深遠なる宇宙の秩序と絶対普遍の真理の内容を余りに凝縮して詰め込んだために、中身が濃すぎて一気に読み切る事はなかなか困難です。

 それ故に、急いで読んでは却って疲れてしまい消化不良を起こしますから、じっくり時間をかけて凝縮された真理の言葉を一つ一つときほぐし、現実のあなたの体験に当てはめ、真理の言葉に秘められた深い意味を理解するまで何度も何度も繰り返し読み込んで下さい。

 この書によってあなたは必ずや真理の普遍性に目覚めそのすばらしさに驚くでしよう。

 そしてその驚きはやがて、今度こそ本物の未来への強い生きる意欲に繋がり、あなたの大きな希望と成って輝き続けるに違い有りません。

 あなたはここに宇宙と調和した真実の自分を発見し、今度こそ本モノの幸福と真の救われを得る事が出来る事を私は確信しています。

 私の著書を初めて読んだ人は、この書の中に難解な部分も幾つか出てきますから、その時はそこは飛ばして、理解できるところをどんどん先に読み進んで下さい。二回・三回・四回と、読む回数が重なるにつれて段々と理解が深まり、やがて全体が統一的に理解できるように成ります。

 私は祈りを込めてこの書を世に送ります。

 この書を世に送り出す私の真の目的は『自分の発見』そのものではなく、『自分の発見』を通過点として、宇宙の秩序と宇宙を動かしている大原理を世の多くの人々に知らしめ、そのような崇高な目的のために一生を捧げる人達を世に多く排出し、その人達と共に大原理から導かれる普遍的な方法論を開発し、人類の未来の真の秩序を構築し、人類の恒久平和を実現することにあります。

 それは最終章で大構想として詳しく述べることになります。

 

平成十一年二月四日  『自分の発見』に旅立つ読者へ          

著者 岩根和郎